方向性

40歳までに月収100万円を目指すために、どの分野で起業しようかずっと考えていた。

自分は犬が好きだから、ペット関連の事業で犬猫殺処分ゼロを目指して事業を立ち上げようと

考えていた。

しかしどうやって利益を上げていくかや、何から始めればいいか分からないのもそうだが、

頭の中に株式投資のことがずっと離れなかった。

そして考えた結果、株式投資の本を100冊読んで、半年以内にトレードがうまく行かなかったら株式投資はきっぱり辞めることにした。

これは株式投資を諦めるために、一定期間株式投資だけに集中してやり抜くということ。

本を100冊というのは特に理由があるわけではなく、株式投資を辞めるためにそのくらい読んで結果が出なかったら諦めがつくだろうという判断。

また半年以内という期間についても特に理由はなく、別に一年でも二年でも3か月でもよかった。ただ本気で取り組むにあたり、一年二年では気持ちが持たないと思ったのと、3か月では短すぎると考えたからである。

これで株式投資に見切りをつけ次に進む。

これが最善の方法かどうかは分からないが、今の自分に考えられる範囲ではこうすることが

自分を説得して次に進む為の方法であると思い、こうすることにした。